開発ブログ

株式会社Nextatのスタッフがお送りする技術コラムメインのブログ。

電話でのお問合わせ 075-744-6842 ([月]-[金] 10:00〜17:00)

  1. top >
  2. 開発ブログ >
  3. PHP >
  4. MacでSwooleのHTTP2対応を有効にしてインストールする
MacでSwooleのHTTP2対応を有効にしてインストールする

MacでSwooleのHTTP2対応を有効にしてインストールする

こんにちは、ナカエです。
最近Swoole熱が高まってきたので、Macに拡張をインストールして色々試してみています。
今回はMacのPHP7.2環境でSwooleを使ってHTTP/2サーバを建ててみた覚書です。

 

依存ライブラリ

nghttp2が必要なのでHomebrewでインストールします。
 
brew install nghttp2

インストール手順

HTTP/2対応などのオプションの機能を有効にしない場合は
pecl install swoole
で簡単にインストールできます。オプションは対話的に指定できます。

ただ私の手元の環境ではデフォルトのOpenSSLだとエラーが出たため、Homebrewでビルド時にconfigureで利用するOpenSSLのパスを指定することにしました。
 
pecl download swoole
tar zxvf swoole-4.0.4.tgz
cd swoole-4.0.4
phpize
./configure --enable-openssl --with-openssl-dir=/usr/local/opt/openssl --enable-sockets --enable-http2
make
sudo make install

HTTP/2サーバ

公式ドキュメントSwoole HTTP server | SwooleのHTTP2 protocol supportのサンプルコードを参考にオプションを有効化します。
ついでにSwoole Tableも使ってみました。

swoole_http2_source.jpg
swoole_http2_page.jpg

参考

  • posted by admin_nextat
TOPに戻る