背景
AWS

さくらのレンサバにAWS CLIを入れてバックアップ体制を強化してみた

こんにちは。
ニシザワです。

タイトル通りさくらのレンサバにAWS CLIを入れてS3にデータのバックアップを取る方法です。
レンサバの中にバックアップを取ってらっしゃる方は多いと思いますが、別領域にバックアップをとることで
レンサバに何かあったときなどにとても便利です!是非、試してみて下さい。

まず、SSHでさくらのレンサバにリモートログインします。
リモートログインの方法はググれば出てくるのでここでは割愛します。

まずはpipをインストールします。
    mkdir /home/epigas/.local/
    mkdir /home/epigas/.local/lib/
    mkdir /home/epigas/.local/lib/python2.7/
    mkdir /home/epigas/.local/lib/python2.7/site-packages

    easy_install --prefix=~/.local pip

コマンド登録します。
    vim .cshrc
    set path = (/sbin /bin /usr/sbin /usr/bin /usr/local/sbin /usr/local/bin $HOME/bin $HOME/.local/bin)
    source .cshrc

pipよりAWS CLIをインストールします。
    pip install awscli --user
    source .cshrc

最後に設定です。
    aws configure 

これでコマンドを使う準備ができました。 後はCLIのコマンドを使ってS3に送るだけです。
送り方(参考)
    aws s3 cp hoge.zip s3://buket.name/hoge.zip 

シェルに登録して、自動でバックアップとるとかでもいいですね! 参考にして下さい。
≪ PHP-FPMでSIGSEGVエラーが出る際にcore dumpを確認する  |  ADRパターン実践時のトレードオフとの向き合い方 ≫

Web制作のお問い合わせ

075-744-6842

(平日/土曜 10:00~17:00)

 お問い合わせ